サイトの記事作成でアクセス数が劇的に変わる3つの手法

サイトの記事作成でアクセス数が劇的に変わる3つの手法について解説していきます。

 

まず一つ目、「タイトルには数字を入れた方が良い」です。具体的な数字を入れることによって、クオリティーが上がったように見えます。例えば「私のおすすめのコスメ紹介」より「私のおすすめコスメ10選!」、「私のおすすめの映画」より「私のおすすめの映画10選!」、「私のおいしいラーメン屋紹介」より「私のおいしいラーメン屋10選!」等です。

 

この方が、興味がわきませんか?しかし、タイトルは「タイトルを27文字以内にする事」が現在効果的です。28文字目以降は、・・・になってしまします。いつ変更させるかはわからないのですが、気にしておいてほしいポイントです。

 

二つ目に、「ターゲット層を明確に!」です。「ダイエット、70kgの私が1か月で50kgになった方法」。ちょうどダイエットしている人なら、クリックしてくれそうな内容です。そして「本当に?と思わせる事」も大切です。「危機感を煽る」のも良い手だと思います。「こんな危険なダイエットをしていませんか?」等です。

 

最後に、「検索させているキーワードに敏感になり使用する」です。Google AdWordsのサービスを利用すれば、1か月の間に検索された文字と数を知ることが可能です。使わない手はないのではないでしょうか?流行に敏感なターゲットなら、検索するキーワードはやはりGoogle AdWordsを無視できません。そのキーワードに詳しい仲間がいれば、協力してもらい是非アクセス数を向上させてください。

 

もしうまくアクセス数を伸ばす事ができれば、アフェリエイト等にも挑戦するも良いかもしれません。自分のプログに広告主の商品がのった画像をはり、紹介することで、そこで購入してもらえれば、広告収入も得られるチャンスが生まれます。みなさんも是非楽しみながらブログを書いてください。

記事コンテンツ作成をしている際に意識している重要な4つの事項

記事コンテンツ作成をしている際に意識している重要な4つの事項について解説していきます。

コンテンツの質と量

記事の品質と文章量は常に一定水準以上をキープせねばなりません。内容の薄い記事や1分で読み終わるような記事が続くと読者が離れていってしまいます。

 

これに関しては定期的にマーケット等の再リサーチを行っていく真面目さが必要です。記事に活かせる情報がないかを意識していないと毎日更新し続けることは出来ません。

 

グダグダにしない

文章量が不十分だからと言って、露骨に文字数を稼ぐような書き方に甘んじてはなりません。グダグダと長引かせると、その分内容が薄まってしまい、ブログの評価が下がってしまいます。

 

記事の品質・文章量・分かりやすさを全て一定水準以上へ高めるためには、地道に記事を更新することで慣れていくしかありません。今は拙い記事でも地道な継続で良い記事を出し続けるまでになります。

 

最後に必ず話をまとめる

必死に書いた記事を読んでもらったからには、伝わってほしいものです。伝わりやすい記事にしたいならば、最後に総括として最も伝えたかったことを中心にまとめましょう。

 

読み手にとっても正確な理解を得やすく、「分かりやすく気配りの出来るブログ」として好印象を抱かれます。誤解を防ぎ評価も上がって一石二鳥ですね。

 

意識して継続する

あとは続けることです。惰性ではなく、以上のコツを意識した上で記事を書き続ければ段々とブログの腕も上がってきます。記事を載せた後は、コメントをフィードバックして反省すべき点を汲み、次へ繋げていきましょう。

 

 

稼ぎ系以外の情報商材アフィリエイトをするメリット

情報商材アフィリエイトをやっていくうえで忘れてはいけないことがあります。それは、情報商材=稼ぐ系ではないということ。情報商材アフィリエイトというと真っ先に思い浮かぶのはアフィリエイトや情報起業といったいわゆる稼ぐ系の情報商材をアフィリエイトすること。

 

もちろん、稼ぐ系の情報商材をアフィリすれば学びながら稼げるといったメリットがあります。ただ、稼ぐ系のアフィリエイトでは初心者さんは稼ぎにくいという面もあります。

 

その理由は、ずばり実績です。稼ぐ系の情報商材アフィリエイトでは実績がものをいうことが多くあります。例えば、あなたが情報商材を買う場合1円も稼いでいないアフィリエイターの言うことを信頼できますか?

 

まず信頼できませんよね?当然、買う気にもならないと思います。稼ぐ系のアフィリエイトをする場合情報商材を買う人は当然アフィリエイトを知っている人となります。

 

アフィリエイトを知っている人にアフィリエイトするというのは実績がない方にとっては困難なことだったりもします。実績・文章・特典・ブランディングなどいろいろな物が要求されてきますからね。

 

それだったらアフィリエイトを知らない人に売るほうが楽に稼げるのではないでしょうか?そういったアフィリエイトを行うためには稼ぎ系以外の情報商材を売ることです。

 

現在では、情報商材の分野はかなり多くなってきてきます。ダイエット、ペット、体の悩み、ギャンブルなど。あげたらきりがないくらいです。そういった稼ぐ系以外であれば購入する人というのはアフィリエイトを知らない場合も多い。

 

ただ非稼ぐ系の情報商材を売る場合ひとつ壁になってくることがあります。それは、自分がその分野に詳しくならないといけないという点です。

 

例えば、ダイエット系の商材をブログやメルマガで売ろうとする場合は当然、自分がダイエットの知識を持っていないと情報を発信できませんよね?

 

まあ、これはアフィリエイト系の情報商材等も同じことが言えるのですが、アフィリエイト初心者がまず成果を上げやすい情報商材アフィリエイトは、悩み系に限ります。

 

まず、特典合戦をする必要がないので、かなり敷居が下がります。アフィリエイトの存在自体知らないので、他サイトと比較することなく、すんなりと成約に結び付きやすいのです。

 

もし、情報商材アフィリエイトを実践するにあたって、稼ぐ系しか眼中になかった人は、大きい範囲で見てみて下さい。ライバルが少なくて稼ぎやすいジャンルがいくつも転がっていますよ。

 

無料オファーのアフィリエイト手法を学ぶ重要性

無料オファーの使い方をお伝えしようと思います。無料オファーというのは、無料のレポートなどを配布して紹介した人には1件数百円が報酬で入るというもの。無料のものを配るので簡単に報酬が手に入りやすく稼ぎやすい手法です。

 

で、これは「紹介する側」の使い方なんですが今日お伝えしたいのは「受け取る側」の使い方です。私は基本的に無料オファーをみつけたら即効で申し込みます。

 

無料オファーの内容とかはほとんど気にしません。どうしてかというと「裏側」が見たいんですよね。無料オファーを仕掛ける人というのは無料のものを配って数百円を払うわけですからかならず「裏」があるわけですよ。

 

たいていは、無料オファーでリストを集めて商品を売ってくるんですがどういったアプローチでどう売ってくるかを私は見たいんですよね。

 

無料オファーでお金を使っているわけですからそれを上回る売上を出さないといけません。でなければ、赤字ですから。当然、本気で売ってきます。

 

こういうのは、ほんと勉強になります。インフォプレナーさんというのはアフィリエイターよりも圧倒的に商品を売るスキルが高いです。

 

アフィリエイターが現在使っている手法もインフォプレナーが使っていたものがほとんど。キラーページのレビューもセールスレターを応用したものですしステップメールやPPCも元はと言えばインフォプレナーさんが使っていたものです。

 

なので、そういう売り方を学ぶという点で無料オファーに申し込むというのは非常に勉強になることが多いんですね。アフィリエイトの応用すると飛躍的に成果が出せるアイディアを思いついたりしますし。

 

情報商材を先行販売で手に入れて一般のアフィリエイターよりも有利にアフィリエイトできる場合もあります。こういう「受け取った側」のメリットも無料オファーにはあるわけです。無料で「売り方」が学べます。

 

アフィリエイターとしてもっとレベルアップするならこういった視点も必要ですよ。

 

情報商材アフィリエイトに特典は必要か?

 

情報商材アフィリエイトにおいて特典が必要か必要でないかというのは人によって意見が分かれるところです。

 

特典つけなくても売れるという人もいれば特典がなければ売れないという人もいます。で、私の個人的な考えでは後者です。特典がなければ売れない。ただ、稼ぐ系の情報商材アフィリエイト以外の悩み系、ギャンブル系、勉強系等は、特典はそこまで必要とはいえません。

 

ただ、稼ぐ系の情報商材アフィリエイトでは買う人もアフィリエイターなんですよね。そして、もはやアフィリエイターが情報商材に特典をつけるのは一般的です。ちょっと情報商材アフィリエイトの知識があればアフィリエイターが特典をつけることを知っています。だから、特典がなけりゃ売れない。

 

ものすごい実績があってファンがたくさんついているのであれば特典がなくても売れるんでしょうけどそうでない場合には特典なしではとても売れません。どう考えても「おまけ」が付いてきたほうが買う側からするとお得ですからね。

 

テレビで深夜なんかに通販番組をやっていますよね?声がやたら高い社長が出ていたり筋肉ムキムキな外人が出てたりする番組です。そのテレビの通販番組で「いまなら●●を無料でお付けします」と言っているのを見たことありませんか?いま商品を買ったらこのおまけもプレゼントしますというやつ。

 

これ見た時に「おまけいらないから安くしろよ!」って思ったことありません?では、おまけを付けずに安くするのと値段はそのままでおまけをつけるのどっちが売れると思います。

 

実は、値段はそのままでおまけを付けるほうが売れるらしいです。通販番組というのはいかに商品を売るかというのを考えていてちゃんとそういう比較もおこなっているそうです。

 

やはり「おまけ」の力は凄いんです。最近では、CDやDVDにもおまけが付けることが多いみたいですね。

 

話を情報商材アフィリエイトに戻しましてアフィリエイトにおいては特典をつけないからといって値段が安くなるわけではないので特典の有無を比較すればどちらが売れやすいかは一目瞭然です。

 

下手すれば現在のアフィリエイターは「特典を売る」くらいに考えたほうがいいのかもしれません。この情報商材のレビューなんかそこまでおすすめしている感じでもなかったので。

 

特典を売るという感覚を持つと情報商材アフィリエイトは非常に稼ぎやすいかなと。単純に考えて他のアフィリエイターよりも圧倒的に魅力的な特典をつければたとえ実績が少なかろうと売れますからね。これこそ、「おまけ」の力です。

 

稼ぐ系の情報商材アフィリエイトで稼ぐなら特典に力を入れるのが効率的でしょうね。